レッスン2 / 4問目

『関数の引数』

このレッスンでは関数で引数を扱う方法について学習していきましょう。

これまで関数を扱う際に引数を渡してきましたが、今回は引数を受け取る関数を定義します。
引数は以下のように関数名に続く括弧内に記述します。そしてその引数を関数内の処理で使用することができます。

def 任意の関数名(引数): 処理内容

具体例

では具体例を見ていきましょう。

今回は引数に渡された数値を100倍にした値を出力する関数hundredfoldを定義します。以下のように引数に変数numを定義しその値に100を乗算し出力するコードを記述します。

  1. def hundredfold(num):
  2.     print(num * 100)    # 引数に対して100を乗算する処理

ではこの関数を呼び出してみましょう。

以下のように、定義した関数hundreadfoldの引数に5を渡すとその値を100倍した値500が出力されます。

  1. hundreadfold(5)
500

以下のように、上記の関数呼び出しでは内部で変数numに5が代入されています。

  1. def hundredfold(5):
  2.     print(5 * 100)

Lesson1

引数を2倍にして出力する関数doubleを定義してください。

なお、関数を呼び出すコードはエディタ上に用意してありますので、関数定義が完了した場合、判定ボタンをおしてください。

Last updated:2019/12/17

200
  1. # 引数を倍にしてして出力する関数doubleを定義してください

  2. def double(num):
  3. print(num * 2)


  4. double(100)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L