レッスン1 / 3問目

『replace』

Lesson1

greetingの文字列"こんにちは"を"こんばんは"に置換して出力してください。

Lesson2

greetingの文字列"p"を大文字にして出力してください。

Lesson3

greetingの読点"、"を削除して出力してください。

Last updated:2020/2/3

こんばんは、python
こんにちは、Python
こんにちはpython
  1. greeting = "こんにちは、python"

  2. # "こんにちは"を"こんばんは"に置換して出力してください。

  3. print(greeting.replace("こんにちは", "こんばんは"))

  4. # "p"を大文字にして出力してください。

  5. print(greeting.replace("p", "P"))

  6. # "、"を削除して出力してください。

  7. print(greeting.replace("、", ""))
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

このレッスンでは文字列型のメソッドであるreplace()について学習していきましょう。

replaceとは文字列の置換を行うためのメソッドです。

以下のように文字列に続けてreplaceメソッドを記述し、第一引数に置換対象の文字列、第二引数に置換後の文字列を記述します。

文字列.replace(元文字列, 置換後文字列)

ちなみにreplaceは「置換」という意味です。

具体例

では具体例を見ていきましょう。以下の例では「今日は良い天気ですね」という文字列の「良い」の部分を「悪い」に置換しています。

  1. msg = "今日は良い天気ですね"
  2. print(msg.replace("良い", "悪い"))    # "良い"を"悪い"に置換
今日は悪い天気ですね    # "良い"が"悪い"に置換されている

具体例2-置換による削除

では2つ目の具体例を見ていきましょう。以下の例では「今日は良い天気ですね」という文字列の「今日は」の部分を置換によって削除しています。以下のように第二引数を空で指定した場合削除となります。

  1. msg = "今日は良い天気ですね"
  2. print(msg.replace("今日は", ""))    # 第二引数を空にする
良い天気ですね    # "今日"が削除される