レッスン4 / 4問目

『辞書を使った集計』

このレッスンでは辞書を使った集計について学習していきましょう。

これまで学習してきた知識の応用として、今回は野菜の数を集計します。

手順としては

1.辞書を用意する

2.リストからfor文で要素を取り出し辞書に集計する

という流れになります。では集計の方法について順番に見ていきましょう。
まずは集計するキーをもった辞書を用意します。

vegetables_dict = {"トマト": 0, "ナス": 0, "ピーマン": 0}

上記の辞書を用いて以下のリストを集計していきます。

vegetables_list = ["トマト","ナス","ピーマン", "トマト","トマト","ナス", "トマト","トマト", "ナス","ピーマン"]

集計するには以下のようにfor文を記述します。

for vegetable in vegetables_list: vegetables_dict[vegetable] += 1 # ここでリストの要素を辞書に追加

「vegetables_dict[vegetable] += 1」の記述についてですが、この処理によりリスト要素がループされるたびにそのキーの値に+1の処理をしています。

では集計された辞書の中身を見てみましょう

{'トマト': 5, 'ナス': 3, 'ピーマン': 2}

このように集計されます。

では早速ですが応用用問題にチャレンジしてみましょう。

Lesson1

コードエリアに辞書vegetables_dictとリストvegetables_listが用意されています。このリストの要素を辞書を使って集計し、集計した辞書を出力してください。

応用問題であるため難しい場合は答えを見ながらでも構いません。

Last updated:2020/2/3

{'トマト': 6, 'ナス': 5, 'ピーマン': 3}
  1. vegetables_dict = {"トマト": 0, "ナス": 0, "ピーマン": 0}

  2. vegetables_list = ["トマト","ナス","ピーマン",
  3. "トマト","トマト","ナス",
  4. "トマト","トマト", "ナス",
  5. "ピーマン","ピーマン","ナス",
  6. "トマト","ナス"]
  7. # 上記リストを辞書を使って集計し、集計した辞書を出力してください

  8. for vegetable in vegetables_list:
  9. vegetables_dict[vegetable] += 1

  10. print(vegetables_dict)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L