レッスン2 / 4問目

『辞書の値を追加・更新』

Lesson1

辞書recordsに「"社会":70」を追加してください。

Lesson2

辞書recordsの数学の値を70に変更してください。

Lesson3

最後に全ての得点の合計を出力してください。 合計を求める方法については問いません。

Last updated:2020/2/3

250

値を合計するにはvalues()で一覧を取得し、sum()関数で合計しましょう。

sum(辞書.values())

他にもfor文を用いるなどして、合計を求めることができます。

total = 0 for i in 辞書.values(): total = total + 1
  1. records = {"国語": 80, "数学":50, "体育": 30}

  2. # recordsに「"社会":70」追加してください

  3. records["社会"] = 70

  4. # recordsの数学の値を70に変更してください。

  5. records["数学"] = 70

  6. # 全ての得点の合計を出力してください。

  7. total = sum(records.values())
  8. print(total)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

辞書の値を追加

このレッスンでは辞書の値の変更、追加について学習していきましょう。

まずは辞書の値を変更する場合ですが、以下のように変更する値をキーで指定しそこに新たな値を代入します。

辞書[キー] = 値

また辞書の値を追加する場合も上記と同様です。新たに追加する場合は辞書に存在しないキーを指定することで辞書に新たな値を追加することができます。

辞書の値を変更する場合の具体例

辞書の値を変更する場合の具体例です。

以下のように既存のキーを指定しそこに新たな値を代入します。

  1. records = {"国語": 80, "数学":50, "体育": 30}
  2. records["国語"] = 20    # 国語の値を20に変更
  3. print(records)
{'国語': 20, '数学': 50, '体育': 30}    # 国語の値が変更されている

辞書に新たな値を追加する場合の具体例

次は辞書に新たな値を追加する例を見ていきましょう。新たな値を追加するには辞書に存在しないキーを指定します。以下の例では辞書に存在しないキー「理科」を指定しています。

  1. records = {"国語": 80, "数学":50, "体育": 30}
  2. records["理科"] = 50    # 辞書に「理科: 90」を追加
  3. print(records)
{'国語': 80, '数学': 50, '体育': 30, '理科': 50}
    # 「理科:50」が追加されている