レッスン3 / 3問目

『タプルとリストの変換』

Lesson1

リストnamesをタプルに変換して出力し出力してください。

Last updated:2020/2/3

('長友', '香川', '本田', '大迫')
  1. names = ["長友", "香川", "本田", "大迫"]

  2. # リストnamesをタプルに変換して出力し出力してください。

  3. print(tuple(names))
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

タプルとリストの変換

タプルとリストは似たようなデータ構造だという説明をしましたが、タプルとリストは相互に変換することができます。相互に変換することによってこれまで学習したタプルとリストの性質を変換することができます。

ではまずはリストをタプルに変換する方法ですが、以下のようにtuple()の引数にリストを渡すとタプルに変換することができます。

  1. a = [1, 2, 3, 4, 5]
  2. b = tuple(a)    # タプルに変換
  3. print(b)
(1, 2, 3, 4, 5)    # タプルに変換されている

タプルをリストに変換

タプルをリストに変換するには以下のようにlist()の引数にタプルを渡します。

  1. a = (1, 2, 3, 4, 5)
  2. b = list(a)    # タプルに変換
  3. print(b)
[1, 2, 3, 4, 5]    # リストに変換されている

このようにしてリストとタプルを相互に変換することができます。
変換という言葉を使っていますが、厳密には変換ではなく新たにオブジェクトを生成しています。

オブジェクトとは

これまで何度か「オブジェクト」という用語を用いてきました。このオブジェクトという用語はこれから頻繁に登場しますので説明します。

これまでリストやタプル、文字列や数値など様々な型を扱ってきましたが、実はこれらはクラスという設計図のようなものから生成されており、例えば皆さんがこれまで扱ってきた文字列データは、実は「文字列を生成するクラス」から作られています。

リストやタプルや整数型の数値なども同様にクラスから作られています。

これまで特に意識することなく文字列などのデータを扱ってきたかと思いますが、これらのクラスから生成されたデータをオブジェクトと呼びます。

しかしクラスやオブジェクト指向の概念は初学者の方からすると捉えづらい概念となりますので今説明したことをここで完全に理解する必要はありません。

ではなぜここでオブジェクトについて説明したかというと「オブジェクト」という用語を使わなければ今後のレッスンで説明が困難になる場合が出てくるため、この用語を覚えていただく目的で説明をしています。

そのためここでは「オブジェクト」という用語がこれまで扱ってきた文字列やリストなどのデータを指しているということだけ覚えておいてください。

クラスやオブジェクト指向の概念については以降の「クラス」のレッスンで学習します。