レッスン4 / 4問目

『while文 - else』

Lesson1

エディタにあるwhile文にelseを用いたコードを追記し以下の出力になるようにプログラムを書き換えてください。

0回目の出力 1回目の出力 2回目の出力 3回目の出力 4回目の出力 処理が完了しました

※ while文の繰り返し回数のカウントが正しくできていない場合、永遠にループが繰り返されます。(無限ループ)
当サイトでは無限ループの場合、出力結果はコンソールに出力されず、画面上部に「通信が失敗しました」というアラートが表示されます。

Last updated:2020/2/3

0回目の出力
1回目の出力
2回目の出力
3回目の出力
4回目の出力
処理が完了しました
  1. count = 0

  2. while count < 5:
  3. print(str(count) + "回目の出力")
  4. count += 1
  5. else:
  6. print("処理が完了しました")
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

while文におけるelse

このレッスンでは繰り返し処理におけるelseを学習していきましょう。

これまではif文でelseを使用してきましたが、while文でもelseを使用することができます。

elseを使うとwhile文が正常に終了した後に何らかの処理を行うことができます。

「正常に終了した後」とは言い換えると「while文の条件式がfalseになりループが終了した場合」のことです。if文においてもelseの役割は条件がfalseの場合の処理を実行することでした。つまりwhile文においてもelseの役割は同じであり、条件式がfalseの場合の処理を記述します。

具体例

では具体例を見ていきましょう。

以下はwhile文が正常終了した場合に"処理が終了しました"と出力するプログラムです。

  1. count = 0
  2. while count < 3:
  3.     print(count)
  4.     count += 1
  5. else:     # 条件式がfalseになった場合実行される
  6.     print("処理が終了しました")
0 1 2 処理が終了しました    # elseの処理が実行されている

上記を見るとwhile文が正常終了しelseが実行されていることがわかります。

このようにelseを使うとwhile文が正常終了した際に何らかの処理を行うことができます。