レッスン2 / 4問目

『break』

Lesson1

エディタに"hello"を10回出力するコードがあります。breakを追記し"hello"を5回出力するコードに変更してください。


※ while文の繰り返し回数のカウントが正しくできていない場合、永遠にループが繰り返されます。(無限ループ)
当サイトでは無限ループの場合、出力結果はコンソールに出力されず、画面上部に「通信が失敗しました」というアラートが表示されます。

Last updated:2020/2/3

hello
hello
hello
hello
hello
  1. # breakを追記し"hello"を5回出力するコードに変更してください。

  2. count = 0
  3. while count < 10:
  4. if count == 5:
  5. break
  6. print("hello")
  7. count = count + 1
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

breakとは

このレッスンではbreakについて学習していきましょう。

breakを使うと繰り返し処理を中止させることができます。

以下のようにif文により条件を指定することにより任意のタイミングで処理を中止させることができます。

while 条件式:     if ループ終了の条件:         break

具体例

では具体例です。
以下の例ではcountが2の場合、つまり3回目のループで処理が中止されます。

  1. count = 0
  2. while count < 10:
  3.     if count == 2:    # ループを中止する条件式
  4.         break    # breakでループを中断
  5.     print("hello")
  6.     count = count + 1
hello hello    # 3回目で処理が中止されている

このようにbreakはif文で条件を指定して使用します。

また、ここでは扱いませんがwhile文を無限ループさせてbreakで処理を中断させる処理などにbreakはよく用いられます。

ではbreakを使った練習問題にチャレンジしましょう。