レッスン4 / 6問目

『range関数』

Lesson1

for文とrange関数を用いて "Hello" と5回出力してください。

Lesson2

for文とrange関数を用いて0から9の連続した数値を出力してください。

Last updated:2020/2/3

Hello
Hello
Hello
Hello
Hello
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
  1. # for文を使い"Hello"と5回出力してください

  2. for i in range(5):
  3. print("Hello")

  4. # for文を使い0から9の数値をを出力してください

  5. for i in range(10):
  6. print(i)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

range関数

このレッスンではrange関数について学習していきましょう。range関数を使うと任意の連続した数値を作り出すことができます。任意の連続した数値とは例えば「1, 2, 3, 4, 5」というような連続に並んだ数値です。

rangeで連続した数値を生成するには以下のように生成する連続数値の開始(start)と終了(stop)を引数に指定します。

range(start, stop)

具体例

range関数は以下のようにfor文で使用します。
下記コードでは連番の開始を0、終了を3に指定しています。注意していただきたいのは終了に指定した値の1つ手前までの連番が生成されるという点です。

  1. for i in range(0, 3):    # 0~2の連番を生成
  2.     print(i)
0 1 2

このようにrangeを用いることでfor文を任意の回数ループさせることができます。

第一引数の省略

range関数では第一引数を省略すると自動的に開始の数値が0となります。

  1. for i in range(3):    # 第一引数を省略
  2.     print(i)
0 1    # 0~2の連番が生成される 2