レッスン4 / 6問目

『リスト要素の削除』

Lesson1

リストの末尾を削除し、削除した要素を出力してください。

Lesson2

リストから "apple" を削除してください。

Lesson3

リストの要素をすべて削除してください。


判定は出力された値をチェックしています。コードは必ずしも解答と一致する必要はありません。

Last updated:2020/2/3

banana
[]
pop() は削除した要素を返します。
また、インデックスを指定しない場合、
リストの末尾を削除します。
  1. fruits = ["apple", "orange", "peach", "banana"]

  2. # リストの末尾を削除し、削除した要素を出力してください。

  3. a = fruits.pop()
  4. print(a)

  5. # リストから "apple" を削除してください。

  6. del fruits[0]

  7. # リストの要素をすべて削除してください。

  8. fruits.clear()


  9. print(fruits)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

リスト要素の削除

このレッスンではリストから要素を削除する方法を学習しましょう。リストから要素を削除するメソッドは以下の通りとなります。

メソッド説明
clearリストの要素を全て削除
pop指定したインデックスの要素を削除し、削除した要素を返す。
remove指定した値と同じ値を持つ最初の要素を削除
del指定した要素を削除(delはメソッドではない)

これらについて詳しく見ていきましょう。

clear

まずはclearメソッドから見ていきましょう。clearメソッドはリストから要素を全て削除します。

  1. fruits = ["apple", "orange", "peach", "banana"]
  2. fruits.clear()    # 要素を全て削除
  3. print(fruits)
[]  # 要素が全て削除され空のリストとなる

pop

次はpopメソッドです。popメソッドは指定したインデックスの要素を削除します。
そして削除した要素を返します。
インデックスを指定しなかった場合は末尾の要素を削除します。

  1. fruits = ["apple", "orange", "peach", "banana"]
  2. a = fruits.pop(0)  # 先頭の要素を削除し変数aに代入
  3. print(a)
apple  # 削除された要素が出力される

remove

次はremoveメソッドです。removeメソッドは指定した要素を削除します。指定要素が複数ある場合には最初の要素を削除します。

  1. fruits = ["apple", "orange", "peach", "banana"]
  2. fruits.remove("orange")
  3. print(fruits)
['apple', 'peach', 'banana']  # orangeが削除されている

del

del文は指定要素を削除します。del文はメソッドではないため記述方法が他と異なります。

  1. fruits = ["apple", "orange", "peach", "banana"]
  2. del fruits[0]
  3. print(fruits)
['orange', 'peach', 'banana']  # appleが削除されている

delとpopは機能がよく似ていますが、これらの違いはpopが削除した値を返すという点です。

まとめ

似たような機能がたくさん登場しましたが、これらの違いを簡潔にまとめます。

  • clearはリストの要素を全て削除する
  • popとdelの違いはpopが削除した値を返す点
  • removeはインデックスではなく値を指定する。
  • delはメソッドではなくpythonの文であるため記述の仕方が異なる。