レッスン2 / 6問目

『リストに要素を追加しよう』

"apple", "orange", "peach"が格納された fruits リストがあります。このリストに対して要素を追加する問題にチャレンジしましょう。

Lesson1

リストの末尾に"banana"を追加してください。

Lesson2

リストの先頭に"grape"を追加してください。

判定ボタンを押し要素が正しく追加されていれば正解となります。

Last updated:2020/4/30

['grape', 'apple', 'orange', 'peach', 'banana']
リストの末尾に要素を追加するには append()
リストの任意の位置に要素を追加するには insert()
を使用します。
  1. fruits = ["apple", "orange", "peach"]

  2. # リストの末尾に”banana"を追加してください

  3. fruits.append("banana")

  4. # リストの先頭にgrapeを追加してください

  5. fruits.insert(0, "grape")



  6. print(fruits)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

リストに要素を追加

このレッスンではリストに要素を追加する関数について学習していきましょう。リストに要素を追加する関数は以下の通りです。

関数説明
append()リスト末尾に要素を追加
insert()任意の位置に要素を追加
extend()リスト末尾にリストを追加(結合)

では一つずつ詳しく見ていきます。

append

まずはappendを見ていきましょう。appendはリストの末尾に要素を追加します。以下の例ではリスト末尾に"banana"を追加しています。

  1. fruits = ["apple", "orange", "peach"]
  2. fruits.append("banana")
['apple', 'orange', 'peach', 'banana']

insert

次はinsertを見ていきましょう。insertは任意の場所に要素を追加することができます。以下のようにインデックスと追加する値を指定することで要素を追加することができます。

  1. fruits = ["apple", "orange", "peach"]
  2. fruits.insert(0, "banana")
['banana', 'apple', 'orange', 'peach']

インデックスで0を指定しているためリストの先頭に要素が追加されます。

extend

次はextendです。extendはリスト同士を結合することができます。以下の例ではfruits1とfruits2を結合しています。

  1. fruits1 = ["apple", "orange", "peach"]
  2. fruits2 = ["banana", "grape"]
  3. fruits1.extend(fruits2)
['apple', 'orange', 'peach', 'banana', 'grape']

まとめ

このレッスンではリストに要素を追加する方法について学習しました。
ここではappend, insert, extendという3つの関数について見てきましたが、特に今後のレッスンでもよく使っていくのはappendです。

ではこのレッスンで学習した関数を以下にまとめます。

  • append():末尾に要素を追加
  • insert():任意の場所に要素を追加
  • extend():リストの結合