レッスン1 / 4問目

『random.random』

このレッスンからrandomモジュールについて学習していきましょう。

randomモジュールとは

randomモジュールとはランダムで数値を生成したり、ランダムでリストから値を取得したりすることができるモジュールです。randomモジュールには以下のような関数があります。(一つずつ解説します)

関数説明
random0.0~1.0の値をランダムで返す
uniform(a,b)a~bの範囲の数値をランダムで返す(float型)
randint(a,b)a~bの範囲の数値をランダムで返す(int型)
choice(a)リストや文字列などのシーケンスaからランダムに値を取得する
shuffle(a)引数に指定したリストをランダムで並び替える(元リストを変更)

他にも様々な種類の関数があります。


random.random()

ではrandom()の使い方を見ていきましょう。

まずはrandomモジュールをインポートします。

  1. import random

では、random.random()を用いてランダムで0.0~1.0の値を取得してみましょう。

  1. import random
  2. num = random.random()
  3. print(num)
0.10965557164042217

このようなランダムな値を取得することができます。

どのような場面で使用するのか

例えば、機械学習ではランダムな初期値を設定したい場合があります。
そのような場合にランダムな値を使用します。
しかし、NumPyというライブラリを使用してもランダムで値を生成することができ、
機械学習の場合はNumPyが使用されます。

Lesson1

randomモジュールをインポートしてください。

Lesson2

random.random()でランダムな値を取得し、出力してください。(取得した値はnumに代入してください。本レッスンでは変数の値を判定します。)

Last updated:2019/12/19

  1. # 1. randomモジュールをインポートしてください
  2. import random
  3. # 2. ランダムな値を取得し、出力してください。
  4. num = random.random()
  5. print(num)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L