レッスン2 / 4問目

『データ型の取得』

Lesson1

変数nameのデータ型を出力してください。

Lesson2

変数numberのデータ型を出力してください。

Last updated:2020/2/6


データの型を取得するには type() 関数を使用します。
変数は引用符(クォート)で囲む必要はありません。
  1. name = "高橋"
  2. number = 365

  3. # 変数nameのデータ型を出力してください。

  4. print(type(name))

  5. # 変数numberのデータ型を出力してください。]

  6. print(type(number))
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L

                 
        

    
            

Leagence Programming

pythonのロゴ

データ型の取得

type()によるデータ型の取得

このレッスンではデータの方を取得する方法について見ていきましょう。
データの型を取得するにはtype関数を使います。
以下の例では変数numの型をtype関数で取得しています。

  1. num = 3

  2. print(type(num))
<class 'int'>  # データの型を取得

<class 'int'>という値が出力されましたが、このclassは型のことだとお考えください。

これまでのレッスンでは文字列型や整数型などのデータ型を学習してきましたが、pythonには他にも様々な型があります。それらの型を確認するためにtype関数はよく使うことになりますので覚えておきましょう。