レッスン1 / 1問目

『tolist()』

このレッスンでは配列をリストに変換する方法について見ていきましょう。

配列をリストに変換するにはtolist()を用いて以下のように記述します。

  1. arr = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6]])
  2. li = arr.tolist()
  3. print(li)
[[1, 2, 3], [4, 5, 6]]    # リストに変換される

上記のように配列に対してtolist()を用いることで簡単にリストに変換することができます。

list()とtolist()の違い

上記ではtolist()を用いて配列をリストに変換しましたが、list()でも配列をリストに変換することができます。以下の例では配列arrをリストに変換しています。

  1. arr = np.array([1, 2, 3])
  2. li = list(arr)
  3. print(li)
[1, 2, 3]    # リストに変換

このようにlist()でも配列をリストに変換することができます。

しかしlist()では多次元配列をリストに変換した際には内包している配列まではリストに変換することができません。以下の例では配列の二次元目がリストに変換されず配列のままとなっています。

  1. arr = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6]])
  2. li = list(arr)
  3. print(li)
[array([1, 2, 3]), array([4, 5, 6])]    # 二次元の配列が未変換

上記のようにlist()では一次元の配列をリストに変換することはできますが、内包している配列までは変換することはできません。

以上のような違いがあるということを覚えておきましょう。では演習課題にチャレンジしましょう。

Lesson1

配列arrをリストに変換して出力してください。

Last updated:2019/10/27

[[1, 2, 3], [4, 5, 6]]
  1. import numpy as np

  2. arr = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6]])

  3. # 配列arrをリストに変換して出力してください。

  4. li = arr.tolist()
  5. print(li)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L