レッスン1 / 4問目

『arange』

これまでのレッスンではnp.array()によって配列を生成してきましたが、NumPyでは他にも様々な配列の生成方法があります。以下はこれから学習していく配列生成方法の一覧ですが、たくさんあるためレッスンごとに分割して見ていきましょう。
このレッスンではarange()について見ていきます。

メソッド 説明
arange 連番の配列を生成
zeros 要素が全て0の配列を生成
ones 要素が全て1の配列を生成
full 指定要素で配列を生成
empty 値を初期化せずに配列を生成

※このレッスンではarange()のみを扱うため他のメソッドの詳細は以降のレッスンで学習します。

ではarange()について見ていきましょう。np.arange()はこれまでPythonで使ってきたrange関数と使い方は同じで、 「arange(start, stop) 」このようなに引数に連番の開始点と終了点を指定します。
以下の例ではnp.arange()の第一引数に1、第二引数に10を指定することで1~9の連番の配列を生成しています。

  1. arr = np.arange(1, 10)
  2. print(arr)
[1 2 3 4 5 6 7 8 9]

また、以下のように開始点を指定しない場合、開始点は自動的に0となります。

  1. arr = np.arange(10)
  2. print(arr)
[0 1 2 3 4 5 6 7 8 9] # 開始点を指定していないため0から始まる。

また、第3引数には連続する数値の間隔を指定することができます。
以下の例では0~10の値を2ずつ増加させた値を持つ配列を生成しています。

  1. arr = np.arange(0, 10, 2)
  2. print(arr)
[0 2 4 6 8]

このように等間隔の配列が生成されます。ちなみにこのような数値を「等差数列」と呼びます。
基本的な使い方はrange関数と同じであるため覚えやすいかと思います。

arange()のレッスンはここまでとなります。

では練習問題にチャレンジしてみましょう。

Lesson1

以下の配列を生成し出力してください。

[ 5 6 7 8 9 10]

Lesson2

以下の配列を生成し出力してください。

[ 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100]

# arangeでは終了点の1つ手前の数値までを生成する点に注意しましょう。

Last updated:2019/10/18

[ 5  6  7  8  9 10]
[  0  10  20  30  40  50  60  70  80  90 100]
  1. import numpy as np

  2. # 1.指定した配列を生成し出力してください

  3. arr = np.arange(5, 11)
  4. print(arr)

  5. # 2.指定した配列を生成し出力してください

  6. arr2 = np.arange(0, 101, 10)
  7. print(arr2)
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L