レッスン4 / 5問目

『インスタンスの生成』

インスタンス化

このレッスンではクラスからインスタンスを生成しメソッドを呼び出す方法を学習します。

前回のレッスンでクラスを作成しましたが、クラスは設計図であり実体はありません。実際にクラスを使用するためにはクラスからインスタンスを生成する必要があります。これをインスタンス化と呼び、設計図からモノを作る工程に例えられます。そしてインスタンスを作成するとそのインスタンスからメソッドを呼び出すことができます。

では早速インスタンスを生成する方法を見ていきましょう。

クラスからインスタンスを生成するには以下のようにクラス名に続けて丸括弧を記述しそれを変数に代入します。

変数 = クラス名()

「クラス名()」のようにクラスの後に()丸括弧を記述することでクラスからオブジェクトが作成されます。そしてそのオブジェクトを変数に代入することでインスタンスが生成されます。

メソッドの呼び出し

では次はメソッドを呼び出す方法を見ていきましょう。メソッドを呼び出すには、「インスタンス.メソッド()」と記述します。
前回作成したDogクラスをインスタンス化しメソッドを呼び出す例を見ていきましょう。

  1. class Dog:
  2.     def bark(self):
  3.         print("わん")
  4. dog = Dog() # インスタンス化
  5. dog.bark() # メソッドを呼び出す
わん    # メソッドbarkの結果が出力されている

これでインスタンスを生成しメソッドを呼び出すことができました。
ではこのレッスンは以上となります。練習問題ににチャレンジしていきましょう。

Lesson1

Catクラスからインスタンスを生成し、screamメソッドを実行してください。

Last updated:2019/10/28

ニャー
  1. class Cat:
  2. def scream(self):
  3. print("ニャー")
  4. # Catクラスからインスタンスを生成し、barkメソッドを実行してください。
  5. cat = Cat()
  6. cat.scream()
main.py
設定
g
n
i
d
a
o
L